ダイハツ ツキノリ 補償制度

補償制度について

本サービスにおける貸渡料金には、下記の補償が含まれています。
万が一ご利用中に事故が発生した場合に、補償限度額の範囲で補償されます。

対人補償:1名につき無制限(免責0円)、対物補償:1事故につき無制限(免責0円)、車両補償:1事故につき一般車両保険金額(免責50,000円)、人身傷害補償:1名につき5,000万円まで*
  • * 搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含む)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償いたします。
    (限度額5,000万円:損害額認定は保険約款に定める基準に従い算出されます。)
ご注意!

保険・補償制度が適用されない場合

  • 警察に事故の届出を実施しなかった場合(事故証明がない場合)
  • 無免許運転による事故
  • 酒気帯び運転による事故
  • 貸渡し期間を無断で延滞して使用された場合の事故
  • その他貸渡約款で定める事項に違反があった場合など
  • 但し、当社加入の保険の補償が適用とならない損害や費用については、お客さまに自己負担いただくケースがございますのであらかじめご了承ください。(例:室内の汚破損など)
  • 上記自己負担額および補償限度額を超える損害はお客さまのご負担となります。
  • 当社加入の保険契約において、保険約款記載の保険金をお支払いできない事由に該当する事故の場合、補償されません。
  • 警察の事故証明のない場合、補償されない場合もあります。
  • ご利用中に修理され、以降も継続して使用する場合、NOCは発生しません。
  • 車載のドライブレコーダーが大きな衝撃(自力走行が困難と思われる衝撃)を検知すると、事故映像や事故発生場所等がドライブレコーダーから自動で提携の保険会社に送信されます。

NOC(ノンオペレーションチャージ)について

貸渡し中の事故や盗難又は、お客様や同乗者様の過失等により、故障・汚損等の事象が発生し、車両の修理・清掃等が必要となった場合、原状復帰にかかった実費分と、原状復帰にかかる期間中の営業補償の一部として下記金額をご負担いただきます。

  • 貸渡車両で自走し、返却予定店舗にご返却された場合 → 20,000円
  • 貸渡車両で自走できず、返却予定の店舗に返却頂けなかった場合 → 50,000円
  • 走行可能でも店舗に返却されなかった場合(路上放置等)は50,000円を申し受けます。

ロードサービスについて

安心・充実のロードサービス:車両事故時の搬送サービスやバッテリー上がりの際の対応は元より、万一のおクルマの事故・故障のトラブルに対応できる安心・充実のロードサービスもご提供しています
  • 上記ロードサービスは、提携する損害保険会社のロードサービスです。
  • 現場での応急対応・軽作業については無料ですが、その他作業については有料となる場合がございます。
  • 補償額を超えた場合、および保険約款の免責事項に該当する事故、貸渡約款に違反する事故及び使用による損害は、お客様負担となります。
  • 保険会社により条件が異なる場合があります。

超過走行による追加精算について

  • ご利用中の走行距離が、ご利用月数×1,000kmを超えた場合、5円/km(税込)の追加精算をご負担いただきます。
  • 一般財団法人日本自動車査定協会登録の中古自動車査定士が、返却自動車を減点方式にて査定をさせていただきます。
    査定の結果、引渡時の原状と異なるときは原状回復に要する費用が50点(50,000円)以上の場合、50点を超過した費用をお客様にご負担いただきます。

違法駐車について

貸渡し期間中に道路交通法に定める違法駐車をした場合、下記の対応をお願いします。

  • 違法駐車後直ちに違法駐車をした地域を管轄する警察署に出頭してください。
    • 警察から当方が違法駐車の連絡を受けたときは、お客様に連絡をいたします。
  • 速やかに貸渡期間満了時又は当方の指示する時までに違反処理を行うようお願いします。
  • 違反処理後、貸渡車両をご返却ください。