1 「本当に必要な」チェックポイントとは

エンジンルーム点検 エンジンルーム点検 補器用ベルト類

補器用ベルト類

補器用ベルトとは

エンジンルーム内にある、さまざま補器類を作動させるために、エンジンの動力を伝達するのが補器用ベルトです。補器類とは発電機やエアコン用コンプレッサー、パワーステアリング、ウォーターポンプ等を指します。補器用ベルトは主にゴム素材で出来ており、経年劣化するので定期的な交換が必要です。 かつてはラジエターの冷却用ファンを回すのにも使われていたなごりで「ファンベルト」とも呼ばれます。また最近の車では補器類の電動化(補器用ベルトを使わずモーターで駆動させる)が進んでおり、一部のハイブリッドカーでは補器用ベルトが一切ないベルトレスのモデルもあります。

チェックポイントチェックポイント

  • 補器用ベルトの緩み、損傷、劣化
  • 補器用ベルトテンショナーの状態確認

補器ベルトに異常があると・・・

補器ベルトの摩擦や劣化が進むと、滑りなどが生じてキュルキュルキュル…といった異音が生じたり、補器類の作動効率が落ちたりします。最悪の場合はベルトが切れてしまい、発電が出来なくなってバッテリーが上がる、エンジンが掛からない、エアコンが効かない、ハンドルが重くなるなどのトラブルが発生します。ベルトは消耗品なので、定期的なチェックは欠かせません。

安心・安全の認定U-CARを探す安心・安全の認定U-CARを探す