ブーン/Boon|ダイハツ・モデルヒストリー詳細

<

2016年4月?販売中

ブーン 2016年発売モデル ブーン 2016年発売モデル

2004年の初代登場時から変わらないコンセプト「マイ・パートナー・コンパクト」をテーマに、トヨタと共同開発したブーンの3代目です。歴代ブーンの特長である持つ取り回しの良さを維持しながら、室内の広さや基本性能を向上すべく、プラットフォームを大幅改良。軽自動車で培った効率的なパッケージング技術を取り入れ、室内空間の拡大と基本性能の進化を同時に実現しています。エンジンは1L水冷直列3気筒12バルブDOHCを搭載。組み合わされるトランスミッションは全車CVT(無段変速機)となっています。「e:Sテクノロジー」の採用により、ガソリンエンジン登録車トップの低燃費28.0km/Lを実現(2WD車。JC08モード走行燃費)しているほか、衝突回避支援システム「スマートアシストII」採用グレードも拡大。また全グレードに「ヒルホールドシステム」、「エマージェンシーストップシグナル」、「シートベルトリマインダー(全席)」などが採用されています。2017年10月には、上級グレードの「ブーン シルク」に、スポーティなエクステリアパーツやエアロパーツ、ストライプ柄のステッカーなど計13点のアクセサリーパッケージを装着した「スポルザ リミテッドパッケージ」を新設定。「ブラックストライプパッケージ」と「レッドストライプパッケージ」の2パターンが用意されました。2018年10月には、衝突回避支援システムが「スマートアシストIII」に進化。前後コーナーセンサーが採用され、「X SA III」、「X Lパッケージ SA III」、「X Gパッケージ SA III」のほか、丸みを持たせた柔らかな線でキュートに仕上げたフォルムの「スタイル SA III」、洗練されたクール&エレガントな上級グレード「シルク SA III」、「シルク Gパッケージ SA III」をそれぞれ設定。4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全・安心性能が向上しています。2019年10月には、特別仕様車「スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ”」「スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ”」をそれぞれ追加設定。ルーフカラーをブラックもしくはホワイトで塗り分けたツートン仕様とした他、内外装のブラッシュアップ、パノラマモニター(パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック)やLEDフォグランプ、スーパーUV&IRカットガラス等を装備しています。

2010年2月?2016年4月

ブーン 2010年発売モデル ブーン 2010年発売モデル

「マイ・パートナー・コンパクト」をテーマにトヨタと共同開発した初代同様、今回のフルモデルチェンジでも共同開発を継続した2代目ブーン。全車CVT搭載などにより、低燃費化・低排出ガス化を実現した上で、「素」の美しさを極めたシンプルなデザインと使い勝手の良さを追求しています。フロントピラーの形状変更やガラスエリアの拡大、ヒップポイント高の引き上げにより、乗車時の死角を減らしたほか、格納式ショッピングフック(フロント)や大容量ワイドフリーラック、照明付マルチトレイなどを採用し、運転のしやすさ・使い勝手の良さを向上させています。エンジンは1Lの直列3気筒69馬力と1.3L直列4気筒95馬力の2種類。吸・排気バルブタイミングを最適にコントロールするDual DVVTやパワーロスの少ないCVTの採用により燃費を向上し、全車で環境対応車普及促進税制に適合しました。

2004年6月?2010年2月

ブーン 2004年発売モデル ブーン 2004年発売モデル

丸みの中にエッジの効いたキャラクターラインを織り込み、タイヤが4隅でしっかりと踏ん張るフォルムやホイールアーチと一体化した円筒形状のバンパーなど、力強さとかわいらしさを融合させた個性的なスタイルの「ブーン」。 クラス最大級となるゆとりの室内空間を確保するとともに、多彩で便利なシートアレンジや豊富な収納スペースを実現。最小回転半径は軽乗用車と同レベルの4.3mとし、取り回しの良さを確保しています。新開発の1L「1KR-FE」エンジンを搭載し、高いボディ剛性の確保とも相まって軽快な走りを実現しました。 また、全車に国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成する環境性能を備えています。安全性能に関しても、EBD(電子制動力配分制御)付ABSの標準装備などによる制動時の車両安定性の確保に加え、トヨタGOA・ダイハツTAFそれぞれの衝突安全ボディを採用するなど、高い安全性能を併せ持っています。ボディカラーは、乗る人のスタイルや個性で選べる全9色の豊富なバリエーションが設定されていました。