Q&A

中古車を選ぶ時、走行距離と年式のどちらを優先させた方がよいですか?

本来、走行距離が少なく高年式の中古車を購入することが理想ですが、予算内で購入するためにはどちらかを妥協しなくてはならない場合があります。
もちろん年式と走行距離だけで中古車の価格が決まるわけではありませんが、程度によっては価格が大きく変わる項目ですので、年式や走行距離についての理解を深めてからどちらを優先させるか決めましょう。

・年式
クルマの製造技術は日々進歩していますので、高年式なほど最新の技術が導入されている可能性が高くなります。
また、高年式なほど燃費性能も向上している場合がほとんどです。
車体の価格は高年式なほど高くなり、低年式な古いクルマほど安くなる傾向があります。
※低年式の車体にプレミアム価値がついている場合は除きます。

・走行距離
走行距離は少ない方がクルマのコンディションが良い場合が多いですが、極端に少ない場合は注意が必要です。
特に低年式なのに走行距離が極端に少ない場合は、クルマをほとんど動かしていない可能性があり、適度に動かしているクルマと比べてコンディションが悪い可能性があります。
一般的にクルマの年間走行距離は「1年に1万キロ」と言われていますので、年式と走行距離を見て、走りすぎていないか、極端に少なくないかチェックしましょう。
車体の価格は走行距離が多いほど安くなる傾向があります。

【結局どちらを優先させたほうが良いか?】
クルマの性能を重視する場合は、高年式のクルマを選びましょう。
ただし高年式で価格が安い中古車は、走行距離が多くクルマのコンディションに問題がある可能性がありますので注意が必要です。
クルマのコンディションを重視する場合は走行距離が少ないクルマを選びましょう。
適度に走行距離が少ない中古車は、コンディションが良い場合が多くなります。
ただし低年式だとカーナビなどの付属品も当時の仕様になっているほか、燃費も現行モデルよりも劣る場合がありますので注意が必要です。

ダイハツU-CATCHなら、年式や走行距離を指定して中古車を検索することができます。

■さっそくダイハツU-CATCHで中古車を探す
https://u-catch.daihatsu.co.jp/

Q&A